夜職の方がお金を借りるには

夜職や水商売に従事している人は毎月の収入が安定していない場合が多く、そのためにサラリーマンといった毎月決まった金額を確定的に受け取る人と比較するとお金が借りにくいというのは事実です。

 

それはいい時であれば信じられないような高額の収入を得られますが、その逆に限りなく無収入になる月も出て来る可能性があるため、カードローンやキャッシングで借りたお金の返済がきちんとできるのかと金融機関が危惧するからです。しかしこの収入の不安定さからもしものためにカードローンやキャッシングができるものを手元に置いておきたいと願うのもわかる部分があります。では夜職や水商売を行っている人がお金を借りるにはどうすればいいのでしょうか。

 

金融機関が個人に対して融資を決める審査基準にはいくつかの方法があり、その中で毎月の収入額が一定でない人のために何年かに遡ってその平均年収を算出し、そこから融資できるかどうかを判断するケースがあります。

 

つまり去年の年収が100万円であっても三年前が300万円であれば平均年収は200万円になるという仕組みであり、この制度を使えば月単位の収入がバラバラな人でも審査対象になるでしょう。ただしこの制度を使うには公的な機関が発行した収入を証明する書類か、店舗などが出している給与明細表が必要になって来るので、これらの書類がなければ本人からの申告だけでは審査をするのが難しいと言えます。

 

一番いいのは確定申告を行ってその申告書を提出する方法が有効であるので、お金を借りたいと考えている人であれば毎年の確定申告を行うことをお勧めします。

 

金融機関では個人に対しても積極的に融資を行っていますが、その審査基準は本人の返済能力であるのは間違いありません。そのために収入が不安定である人であれば、月単位ではバラつきがあっても年単位では一定以上の収入があることを金融機関に提示しなければいけないので、借りる前に金融機関に審査を受け入れられる書類などを提出できるように準備を事前に行っておいて下さい。

関連ページ

会社員なら銀行系カードローンも消費者金融も申し込めます
会社員や公務員といった安定した職業の人向けの銀行系カードローンと消費者金融をご紹介しています。
専業主婦が申込めるカードローンがあります
収入がない専業主婦でもお金を借りることができます。ここでは、急な出費や交際費が足りない時にどうすればいいかを解説します!
年金受給者でも借りられる方法を教えます
年金受給者も申し込めるカードローン・キャッシングがあります。ここでは、おすすめの業者やカードローン以外の方法をまとめてご紹介しています。
自営業が申込めるカードローン・キャッシング
自営業の方もカードローンやキャッシングを利用できます。ここでは、自営業におすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています!
パートやアルバイトが申込めるカードローン・キャッシング
パートやアルバイトで収入があればカードローンに申し込めます。ここでは、パート・アルバイト向けのカードローンをご紹介しています!
派遣・契約社員が申込めるカードローン・キャッシング
派遣社員や契約社員の方もお金を借りられます。ここでは、派遣や契約社員が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!
学生が申込めるカードローン・キャッシング
学生でも基本的に20歳以上であればカードローンに申し込めます。ここでは、おすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています!
外国人が申込めるカードローン・キャッシング
外国人でもカードローンでお金を借りられます。ここでは、外国籍の方が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!