専業主婦がお金を借りるには

お金を借りる時に重要なのは本人の収入です。「お金を貸す=お金を返す」ことになるので、本人の返済能力が求められ、それを証明するのが収入になります。
では、収入がない専業主婦はお金を借りることができないのでしょうか。

 

専業主婦がお金を借りる場合、「銀行系カードローン」または「配偶者貸付」を利用することになります。

 

キャッシングやカードローンなどの小口融資は、主に銀行、消費者金融、信販会社が融資を行っています。分類としては銀行は金融機関、消費者金融と信販会社は貸金業者になります。

 

貸金業者は「貸金業法」に従い運営することになっており、公平でクリーンな貸付を行うために様々な規制があります。その中の一つに「総量規制」があります。

 

総量規制とは、債務者の年収3分の1を超える貸付をしてはいけないという規制です。つまり、年収500万円の人には、約160万円までの融資しかできません。これは貸金業者1社あたりの制限ではなく、貸金業者全社を合わせた制限です。仮にA社で100万円の融資を受けているとしたら、B社に新たな借り入れを申し込んでも60万円までの融資しか受けられません。

 

専業主婦の場合は収入自体がないので貸金業者の借入れは受けれないことになります。ただし、銀行は「銀行法」に従い運営するため、総量規制対象外となっています。

 

上記のことから、銀行系カードローンには収入による貸付規制はないので、専業主婦でも申し込むことは可能とされています。しかし、銀行系カードローンにも「本人に収入があること」という貸付条件があるので、実際に借り入れは難しいでしょう。
そこで貸金業者の「配偶者貸付」を利用する手もあります。

 

配偶者貸付とは、配偶者の収入と合算して借入れが年収の3分の1まで可能になる制度です。つまり専業主婦は夫の収入で借入れができるということです。
審査に夫の同意や収入証明書が必要になりますが、専業主婦でもキャッシングの契約ができるようになるでしょう。

関連ページ

会社員なら銀行系カードローンも消費者金融も申し込めます
会社員や公務員といった安定した職業の人向けの銀行系カードローンと消費者金融をご紹介しています。
年金受給者でも借りられる方法を教えます
年金受給者も申し込めるカードローン・キャッシングがあります。ここでは、おすすめの業者やカードローン以外の方法をまとめてご紹介しています。
自営業が申込めるカードローン・キャッシング
自営業の方もカードローンやキャッシングを利用できます。ここでは、自営業におすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています!
パートやアルバイトが申込めるカードローン・キャッシング
パートやアルバイトで収入があればカードローンに申し込めます。ここでは、パート・アルバイト向けのカードローンをご紹介しています!
派遣・契約社員が申込めるカードローン・キャッシング
派遣社員や契約社員の方もお金を借りられます。ここでは、派遣や契約社員が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!
学生が申込めるカードローン・キャッシング
学生でも基本的に20歳以上であればカードローンに申し込めます。ここでは、おすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています!
外国人が申込めるカードローン・キャッシング
外国人でもカードローンでお金を借りられます。ここでは、外国籍の方が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!
水商売が申込めるカードローン・キャッシング
水商売の方でもお金を借りることができるのでしょうか。ここでは、水商売の方が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!