自営業の方がお金を借りるには

最近は会社を定年退職した後で、さらに再雇用や雇用延長の制度も卒業した人が、まだ元気で働けるし、家でぶらぶらしていても仕方ないということで、独立したフリーランスとして業務委託の事業を開始したり、自営業として新たに起業するようになってきている傾向があります。

 

株式会社など法人を立ち上げるよりも手続きが簡単で面倒なことがない割に、事業開始を税務署に届け出て青色申告をすれば、税務上の恩典などもあって、売上と経費の関係などもありますが、ほとんどの収入に税金がかからないで済むというようなこともあるからです。

 

こうしたケースでは多くの場合、設備投資やイニシャルコストに多額のお金がかかることはないのですが、中には必要はこともあるので、そうした場合に資金調達をどうするかになりますが、銀行からの融資やカードローンなどの方法がある中で、日本政策金融公庫からの借り入れがおすすめになります。

 

なぜかと言うと、日本政策金融公庫は個人事業主や中小企業をサポートするために政府が運営しているものであり、個人事業主でも借りやすいということがあるからです。あえて条件を挙げるとすると、事業計画がしっかりしていることです。これさえできていれば、他に借金などがなければ大丈夫ということが言えます。

 

そして、創業時であれば新創業融資制度、その他では中小企業経営力強化資金制度を利用すれば、金利はわずかなもので済むのが特徴となっています。

 

これらの2つの制度を利用した場合は担保もなし保証人も不要ということなので、借りやすいということができるわけです。
もう一つの良い点は、ここでお金を借りることができると、他の金融機関からの融資が受けやすくなるという点があります。

 

返済期間については、創業時の運転資金では5年から7年以内に返済、設備資金では5年から10年以内に返済することとなっていますが、これで問題ないということであれば、どの金融機関よりもおすすめということになります。

関連ページ

会社員なら銀行系カードローンも消費者金融も申し込めます
会社員や公務員といった安定した職業の人向けの銀行系カードローンと消費者金融をご紹介しています。
専業主婦が申込めるカードローンがあります
収入がない専業主婦でもお金を借りることができます。ここでは、急な出費や交際費が足りない時にどうすればいいかを解説します!
年金受給者でも借りられる方法を教えます
年金受給者も申し込めるカードローン・キャッシングがあります。ここでは、おすすめの業者やカードローン以外の方法をまとめてご紹介しています。
パートやアルバイトが申込めるカードローン・キャッシング
パートやアルバイトで収入があればカードローンに申し込めます。ここでは、パート・アルバイト向けのカードローンをご紹介しています!
派遣・契約社員が申込めるカードローン・キャッシング
派遣社員や契約社員の方もお金を借りられます。ここでは、派遣や契約社員が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!
学生が申込めるカードローン・キャッシング
学生でも基本的に20歳以上であればカードローンに申し込めます。ここでは、おすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています!
外国人が申込めるカードローン・キャッシング
外国人でもカードローンでお金を借りられます。ここでは、外国籍の方が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!
水商売が申込めるカードローン・キャッシング
水商売の方でもお金を借りることができるのでしょうか。ここでは、水商売の方が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!