大学生がお金を借りるには

学生はお金を借りるのが難しいと思うかもしれませんが、融資条件さえ満たしていれば融資を受けることができます。

 

最初に知っておきたいのは融資における学生に高校生は含まないことです。原則として20歳以上の大学生や専門学校生などが対象になります。利用できるローンはカードローンやキャッシングなどの多目的ローンとなり、消費者金融や銀行から借入するのが一般的でしょう。学生もOKと記載されているローンなら、問題なく申込できるはずです。

 

借入できる金額は社会人ほど多くはなく、10万円〜30万円を目安に考えておくとよいです。返済能力に応じて金融機関が融資額を決定するので、希望通りの借入ができないこともあります。大学生が無理なく融資を受けるためには、毎月の返済は1万円以内に抑えるのが得策です。返済回数も多くしすぎないようにして、できれば数回で完済するのが好ましいです。もちろん一括返済できるのが理想なので、それを考慮して借入額を決めるのもよいでしょう。

 

カードローンとキャッシングは原則として同じローンと解釈されることが多いです。ただしキャッシングの場合はカードを発行せずに窓口やネット経由で借りる方法を指すことが多いです。カードローンと比べて浪費リスクが低いと言われていますが、振込キャッシングで借りられるタイプだとカードローンと大差がありません。いずれにせよローンを利用するときは、返済能力に重きを置いておくのがポイントです。

 

大学生は無理なく借りるためには、10万円という金額が推奨されています。途中で返済が厳しくなる方の多くは50万円以上の借入をしており、毎月の利息が大きくて元金が減らない状態になっています。利息をなるべく増やさない借り方を意識していれば、大きく失敗することはありません。借入する金融機関は銀行が好ましく、金利が低く設定されているためです。消費者金融も随分と金利が下がりましたが、まだまだ銀行と比べると高金利です。

関連ページ

会社員なら銀行系カードローンも消費者金融も申し込めます
会社員や公務員といった安定した職業の人向けの銀行系カードローンと消費者金融をご紹介しています。
専業主婦が申込めるカードローンがあります
収入がない専業主婦でもお金を借りることができます。ここでは、急な出費や交際費が足りない時にどうすればいいかを解説します!
年金受給者でも借りられる方法を教えます
年金受給者も申し込めるカードローン・キャッシングがあります。ここでは、おすすめの業者やカードローン以外の方法をまとめてご紹介しています。
自営業が申込めるカードローン・キャッシング
自営業の方もカードローンやキャッシングを利用できます。ここでは、自営業におすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています!
パートやアルバイトが申込めるカードローン・キャッシング
パートやアルバイトで収入があればカードローンに申し込めます。ここでは、パート・アルバイト向けのカードローンをご紹介しています!
派遣・契約社員が申込めるカードローン・キャッシング
派遣社員や契約社員の方もお金を借りられます。ここでは、派遣や契約社員が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!
外国人が申込めるカードローン・キャッシング
外国人でもカードローンでお金を借りられます。ここでは、外国籍の方が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!
水商売が申込めるカードローン・キャッシング
水商売の方でもお金を借りることができるのでしょうか。ここでは、水商売の方が申込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています!