職業別でお金を借りる方法をまとめています。

 

職業によってオススメの借り先が変わってくるので、ぜひ一度ご確認ください!

職業別お金を借りる方法【派遣・主婦・自営】記事一覧

会社員の方がお金を借りるには長い人生の間には、急にまとまったお金が必要になることもよくあります。そんな時の為に日ごろからしっかりお金を蓄えておくといいですが、病気やリストラなどで思うようにお金を蓄えられないという場合は、金融業者が扱うキャッシングを利用するといいでしょう。金融業者が扱うキャッシングはいろいろありますが、銀行系カードローンや消費者金融など自分のニーズにあわせて借りやすく返済しやすい所...


専業主婦がお金を借りるにはお金を借りる時に重要なのは本人の収入です。「お金を貸す=お金を返す」ことになるので、本人の返済能力が求められ、それを証明するのが収入になります。では、収入がない専業主婦はお金を借りることができないのでしょうか。専業主婦がお金を借りる場合、「銀行系カードローン」または「配偶者貸付」を利用することになります。キャッシングやカードローンなどの小口融資は、主に銀行、消費者金融、信...


年金暮らしの方がお金をかりるには金融機関では、安定した収入があるかどうかでもその人に融資しても良いかを判断します。年金は本人にとっては収入の様に感じますが、自分の労働に対する対価ではない為、実は収入ではありません。その為、年金だけで生活をしている場合、収入がないとみなされて融資不可と判断されてしまう事もあります。しかし全ての金融機関が一律で融資不可と判断するわけではありません。金融機関で年金の扱い...


自営業の方がお金を借りるには最近は会社を定年退職した後で、さらに再雇用や雇用延長の制度も卒業した人が、まだ元気で働けるし、家でぶらぶらしていても仕方ないということで、独立したフリーランスとして業務委託の事業を開始したり、自営業として新たに起業するようになってきている傾向があります。株式会社など法人を立ち上げるよりも手続きが簡単で面倒なことがない割に、事業開始を税務署に届け出て青色申告をすれば、税務...


バイト・フリーターがお金を借りるには突然の出費があった、生活費が足りないなどの場合は借入をすることでその場をしのぐことができますが、お金が誰もが貸してもらえるというわけではなく、それなりの条件もあります。融資を行う側としても、必ず返済してもらう必要がありますので、返済能力のない人にはお金を貸すことはできません。それゆえ、借金をする場合も審査が行われ、その審査をクリアして初めて融資を受けることができ...


派遣・契約社員がお金を借りるには契約社員や派遣だと正社員よりお金を借りる上で不利になるのは間違いありませんが、借入できないわけではありません。希望条件をなるべく低くして申し込みすれば、審査に通過できる確率は十分にあります。ローンの選択肢はカードローンとキャッシングが主になりますから、これらから選択するのがおすすめです。カードローンとキャッシングの融資条件にはほとんど違いがなく、20歳以上で安定収入...


大学生がお金を借りるには学生はお金を借りるのが難しいと思うかもしれませんが、融資条件さえ満たしていれば融資を受けることができます。最初に知っておきたいのは融資における学生に高校生は含まないことです。原則として20歳以上の大学生や専門学校生などが対象になります。利用できるローンはカードローンやキャッシングなどの多目的ローンとなり、消費者金融や銀行から借入するのが一般的でしょう。学生もOKと記載されて...


外国籍の方がお金を借りるには外国人だと、日本で生活をしていく中で仕事や住まいなどが上手く見つからなくて不便なことが多いことは確かです。その中でお金が借りられないということもよくあることです。住宅ローンでは日本国籍を持っていることが条件に入っていたりしているので、外国人は借りることが出来ないと諦めているかもしれません。しかし、全てのケースでそうであるわけではありません。カードローンやキャッシングなど...


夜職の方がお金を借りるには夜職や水商売に従事している人は毎月の収入が安定していない場合が多く、そのためにサラリーマンといった毎月決まった金額を確定的に受け取る人と比較するとお金が借りにくいというのは事実です。それはいい時であれば信じられないような高額の収入を得られますが、その逆に限りなく無収入になる月も出て来る可能性があるため、カードローンやキャッシングで借りたお金の返済がきちんとできるのかと金融...