カードローンの申し込みと注意点

カードローンの申し込みの流れとしては、どのように行うかで借りられるまでの時間に影響が出ることが注意点になります。

 

電話・店舗・自動契約機・インターネットなどが利用できますが、最短の方法はインターネットです。公式サイトの申し込みフォームに必要事項を記入し、書類はスマートフォンで撮影したものをアプリで送信すれば良いため、手軽に利用できます。審査結果が出た後に、銀行振り込みを希望するのであればそのまま手続きを行えば借りられます。

 

しかし、銀行の営業時間が過ぎている場合にはATMからお金を引き出すためのカードが必要です。急いでいないのであれば郵送されるのを待っていても構いませんが、当日中に借りたいときは店舗か自動契約機まで受け取りに行きましょう。カードがあれば24時間いつでもお金を引き出せます。

 

店舗や自動契約機にカードを取りに行くのであれば、最初から出向けば良いように見えますが、これは最短で契約するときに適した方法ではありません。結果が出るまでその場で待たされることになり、提出書類に不備があれば取りに帰ることになるので時間がかかります。そのため、インターネットで申し込んで結果が出てから受け取りに行った方が時間の無駄を抑えられます。

 

お金を借りるのに必要なもの

消費者金融や銀行カードローンなどの金融業者から借金をする場合には用意しなければならないものがあり、こちらを用意することができないとお金を借りることができません。

 

業者によっても用意する必要書類は異なりますが、最低でも身分証明書が必要となるためこちらを用意しなければなりません。身分証明書としては健康保険証や運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、住基カードなどが挙げられます。

 

これらのどれか一つを提出することで身分を証明することが可能です。マイナンバーカードが普及したことによって、必ずマイナンバーを金融業者に伝えなければならないのかと考えている方もいますが、現在はマイナンバーの提出は義務となっていません。

 

借りる額が低い場合は身分証明書のみで融資を受けることができますが、50万円以上の融資を受けたい場合は現在の収入を証明することができる書類も必要となります。収入証明書では給料明細、源泉徴収票などがあります。

 

他にも業者によって印鑑や印鑑証明書が必要となる場合もあるため、金融業者を決めた後にはそれらが必要かどうかを確かめたほうが良いでしょう。これらの書類以外に家族などの情報や持っているクレジットカードを要求してくる業者もありますが、被害に遭ってしまう可能性が高いため注意が必要です。

 

審査に通る人・通らない人

キャッシングの審査通らないときはお金を借りる審査の内容を理解して原因を探ると良いでしょう。そのまま手当たり次第に申し込みをしていると、通るはずの審査に落ちる原因を作ることにもなります。また金利は高いですが、消費者金融の方が銀行よりは審査が甘いので、金利よりも契約できることを重視した方が良いです。

 

審査では個人信用情報機関の記録を参照するので、ここに金融関連のトラブルの記録があると問題になります。他社からの借り入れや契約数も分かるので、これらが多過ぎる場合も信用されません。

 

前述した申し込み情報も半年間は保持されています。短期間に繰り返し申し込みを行い、それに落ちた記録が残っていると、お金に困っており、他社から信用を得られない人物であると判断される場合があるので、連続した申し込みは注意しましょう。もし行ってしまった場合には半年間は待った方が良いです。

 

提出した書類だけでは本当に収入を得ているのか判断できないため、在籍確認で勤務先に電話をするのが一般的です。一部の消費者金融では相談で書類代用に切り替えられることもありますが、電話しても在籍が確認できない、必要な書類が用意できない場合は収入を得ていないとされて審査に落ちます。