親族からお金を借りることについて

祖母や旦那などの家族と生活をしている人が多いですが、日常生活をしていると、数万円程度のお金が足りなくなることが多く、困った経験のある人が少なくありません。

 

大学生や専門学校生などの子供の場合は、おばあちゃんや父親、兄弟などの身内からお金を借りることも多いですが、あまり頻繁には迷惑を掛けられないと感じている人がほとんどです。

 

兄弟姉妹や父親、おばあちゃんなどの迷惑を掛けずに、お金を借りたい人は銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンがお勧めです。
銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンは、基本的には担保や保証人が必要なく、本人の信用だけでお金を借りることができるので、誰にも迷惑を掛けずに現金を用意できます。

 

身内からお金を借りるとその後の関係が悪くなってしまう可能性があるため、インターネットのWEB上からカードローンやキャッシングを利用するのがお勧めです。

 

利用明細などの郵送物が送られてこないので、旦那やおばあちゃんなどの身内に知られたくない人も安心です。本人確認の電話も携帯電話に掛けてくれるので、家族にばれる心配はありません。

 

月末にお財布がピンチになった時も身内にお金を借りる必要がないので、上手に活用すると良いでしょう。

 

同僚・上司にお金を借りる

毎日まじめに堅実に日々を過ごしていても、人生では思いもかけないトラブルに巻き込まれたり予想外のタイミングで人生の転機が起こる場合もあります。そのような状況に遭遇した際には予定外のお金が必要になる事もあり、自分の蓄えでは賄えない場合や給料やボーナスが入る前のタイミングである場合もあるのです。

 

基本的に周囲の人にお金の迷惑をかけることは避けるべきですが、知人や異性の友達、先輩や恋人などの親しい人からお金を借りる経験をする人も少なくありません。特に職場の同僚や上司など仕事関係の人から借金をする事は、人間性や社会人としての責任など、今働いている仕事での評価にも影響をもたらすリスクもあるためによほど慎重に行う必要があります。

 

いずれにしても、やむを得ない事情で自分の親しい人にお金を借りる行為を行うのなら、金額の大小に関わらず誠実にきちんとした対応が必要になるのです。お金を借りる時にはきちんと文章にしてその旨を書類に起こし、様々な項目を書面で確認して署名と捺印を行います。

 

お金を借りる目的と金額、返済方法の詳細(分割か一括、金額と期日)は勿論のこと、借金の場合は当然利息についても検討する必要があります。支払いが出来なかった場合の対応も含めてきちんと取り決めを行って借金の申込をするのが最低限のマナーです。